役立ち情報

就職活動のための履歴書の書き方とポイント

就職活動のための履歴書の書き方とポイント

この ページの 日本語にほんごみにくい ひとは、やさしい 日本語にほんごの ページを てください。
→<<https://social-b.net/baiyu/easy_jp/resume20211009ejp/>>

はじめに

履歴書は、あなたが受けようとする会社があなたのことを知るために必要なものです。就職活動やアルバイトの面接のために履歴書を書かなければなりませんが、どうやって書けば良いか、分かりにくいこともたくさんありますよね。今日は、履歴書を書く時のポイントを説明します。

 

履歴書とはどんなもの?

履歴書にはまず、あなたの名前や年、住所、連絡先などを書きます。次に学歴・職歴(あなたがどの学校で勉強したか、どの会社で働いた経験があるか)を書きます。それから、志望動機を書きます。志望動機はあなたがその会社に入って何をしたいか、どのように会社に貢献できるか(会社の役に立つことができるか)をアピールするために、短く分かりやすく書きます。

履歴書は本屋や文房具店などで買うことができます。またはデータをインターネット上でダウンロードして、パソコンで作ることもできます。手書きの方が印象の良いと言われています。しかし日本語に自信がない場合は、パソコンでも良いでしょう。

履歴書の「基本」

履歴書は、誤字脱字がないように丁寧に書くことが大切です。間違っている言葉や文字がないように気をつけましょう。自信がない時は、書き終わった後に他の人に見てもらいましょう。手書きの場合は、丁寧に書くことも大切です。上手でなくても丁寧に書いたことが読む人に伝われば、あなたの印象が良くなります。

履歴書を書く時は、黒色のボールペンで書きましょう。鉛筆や、シャープペンシルなど、消しゴムで消せるものを使ってはいけません。間違えたら、修正液や二重線で消してはいけません。必ず最初から書き直すようにしましょう。

文章を書く時は、です・ますの形で書きます。「~だ」、「~である」は使いません。

履歴書の写真

写真は、会社にあなたの良い印象を伝えるために大切です。就職活動の場合は、スーツで撮りましょう。写真にはあなただけが写るようにします。まっすぐ前を見て、胸から上が写るようにします。背景は青色か白色で、帽子をかぶらずに撮ります。今から3か月前より新しい写真を使いましょう。また白黒ではなくカラーで撮りましょう。写真は専門の写真店で撮ってもらうこともできますし、写真を撮る機械で撮っても大丈夫です。写真のサイズは縦4cm、横3cmです。写真を履歴書に貼る時は、のりで貼ります。テープを使ってはいけません。また、はがれた時のために、裏に名前を書いておきましょう。

 

履歴書のはじめの部分の書き方

一番上にある日付は履歴書を書いている日ではなく、履歴書を郵送するのであればポストに入れる日、面接の時にもっていくのであれば面接の日を書きます。年号は、和暦か西暦かのどちらかに合わせます。例えば、生年月日で平成〇年と書いたら、後の学歴や職歴のところでも平成、令和などを使います。もし199〇年と書いたら、後でも200〇年と書きます。住所は、もしアパートかマンションに住んでいる時は何号室かまで書きましょう。

学歴・職歴

学歴・職歴についてです。学校の名前、会社の名前は正しい名前(フルネーム)を書きます。また、古い順番で書きます。例えば高校と大学に行った場合は、高校から先に書きます。書き方は、○○入学、○○卒業と書きます。大学の場合は、学部やコース、専攻も具体的に書きましょう。職歴は○○入社、○○退社と書きます。また、営業部などの所属部署も書きましょう。全て書いたら、最後に「以上」と書きます。ちなみに、アルバイトは必ず書く必要はないですが、応募する仕事と関係するもので、経験をアピールしたい場合は書いてもいいと思います。

免許・資格

免許や資格の部分は、あなたの持っている能力、スキルをアピールするために大切です。例えば、車の運転免許や語学能力を書きます。日本語、英語、ベトナム語、中国語など、使える言葉を書きましょう。検定の何級というものをもっている時は、そのことも書きましょう。またパソコンスキル(WordやExcel、Power Pointが使えるかどうか)なども書くと良いでしょう。

志望動機

どうしてその会社に応募したいと考えたかを書きます。「自分の○○の経験や△△の能力を活かして応募先企業に貢献したい」という書き方をします。会社でどんな仕事をしたいかも書きます。

応募する会社について書く時は、「貴社」と言います。志望動機のところでは、応募する会社のことや、仕事の内容をよく確認して、理解して書くことが大切です。

その他

家から会社までの通勤時間を書くところや、家族がいるかどうかを書くところ、また希望を書くところがあります。希望は、例えば営業職で働きたいなど具体的なものがあれば書いても良いでしょう。

履歴書を書き終わったら、正しく書けたかどうか必ず一度見直しをしましょう。他の人に見てもらうのも良いでしょう。また、面接では履歴書の内容をもとに質問されるため、履歴書に書いたことを後で見るためにも、履歴書のコピーを取っておくようにしましょう。

履歴書の書き方は、ふたば国際プラザの生活ガイダンスでも動画で紹介されていますので参考にしてみてください。

→<<https://social-b.net/fic/news/resume20210303jp/>>

もっと詳しいことや他のことが知りたい場合は、「質問箱」から質問することができます。

→<<https://social-b.net/baiyu/question-box/>>